カテゴリ:トリートメントタンク( 2 )

ニューグリーンF

最近プライベートのほうが忙しいのでなかなか更新できません( ̄^ ̄)!

最近の出来事といえば、トリートメントタンクのお薬を変えました。


c0096642_23155751.jpg

日本動物薬品株式会社
観賞魚用 ニューグリーンF 15g(5g×3)
白点病・水カビ病の治療薬だそうです。

オトシンクルスのボーちゃんの病気が水カビ病である可能性が濃厚となってきたので
それ用のお薬に変更したわけです。
水カビってのはサプロレグニア菌などの真菌だから、
これまで使ってた細菌性感染治療薬(グリーンFゴールド顆粒)だと
効果が期待できないだろなーと思ったのです。
実際に治ってない...というか悪化してきてるので(涙

ただ、水カビ病は2次的に発生することが多いそうなので、
ボーちゃんにはじめにできた謎の斑点は水カビ病じゃなかったのかも。
その謎の斑点によって弱ってきた皮膚が水カビに犯された...って感じではないかと
思っています。
本当のところはちょっとわからないけど...(汗  お医者さんがほしい...。

とにかく、今ボーちゃんが犯されてるのが水カビ病である!という結論に達したので
こうしちゃいられない!とさっそくお薬をかえたとこです。

お薬はこんなやつ


c0096642_23454095.jpg

タバコの箱が無かったので、とっさに単三乾電池なんていれちゃいました(^^;
相変わらずピンボケ。
で、水に溶かして前回のように点滴を作ると、


c0096642_0352027.jpg

すんごい色です。
さすがメチレンブルー配合。
濃度はやっぱり規定量よりちょっと少なめで。(耐性とか出たらどうしよう...汗)
さらに水カビ病に有効だとされる塩も0.2%ぐらいになるように控えめに入れてみます。


c0096642_23584312.jpg

これで塩約12g(お水6Lに溶かすと0.2%になります)
けっこう量あってびっくり!!
0.5%にするんだったらもっともっと入れるんですよね...。
しょっぱそう(^^;!! 味とか感じないんですかね、お魚さんたち。

で、なぜ0.5%にしなかったのかというと...お薬との併用がちょっと心配だったのと
お薬&水質に弱めのオトシンクルスをいきなり塩水に入れるのが怖かったのもありますが...
実はニューグリーンFって約98%が塩化ナトリウム(=食塩)!!
げーそれで800円近くするんだ...。
それ見て、追加のお塩を少なめにしておきました(^^;
といっても、ニューグリーンFは約0.6gしか入れてないんですが(汗

実は、ボーちゃんの患部は前より広がっていて、
浸透圧調節がすごく大変なんじゃないかと思います。
塩入れるのちょっと心配だけど、
これで少しは浸透圧調節のエネルギーが減って楽になるんじゃないかな??

そんな闘病生活2週目にはいったオトシンクルス・ボーちゃん。
元気に泳いではいるんですけどね...
プレコタブレットを食べる様子もまったく無いので、余計心配です(>_<)。
お薬の中にきゅうりやほうれん草なんて入れてもいいのかな...?
闘病生活はまだまだ続きそうな感じです。
がんばれ、ボーちゃん!!!!!
[PR]
by awaawaaqua | 2006-11-14 00:33 | トリートメントタンク

トリートメントタンク設立!!!

愛情がわいてきていたボーちゃんに謎の大きな斑点...
だいぶへこみました。

が!!!
そこでずどーんと落ち込んだままの私ではありませんっ!!!
とにかく全力を尽くすのみです!

Webでいろいろと勉強してみたんですが、どうもあまり同じ症例がありません。
白点病でもないし、水カビとも違いそうだし...
ということでプロの方にアドバイスをもらうべく、新宿まで出向きました。
もちろんアクアフォレストさんです(^^
都内にもいろいろショップあるみたいですが、交通の便が良くて、綺麗で、品質管理も良くて、
そしてすごーく親切なので気に入ってます♪
(ちょっと高いみたいだけど、高品質&アドバイス料ってことで☆)

で、オトシンクルスのボーちゃんの謎の白点についてお伺いしたんですが...
携帯での撮影なのでやっぱり不鮮明でわかり難かったかも(^^;
おそらく、寄生虫の類かニキビなのでは?ということでした。

そう、ニキビ、どうやらお魚さんにもできるそうです!!
エサの質によってはヒトみたくできたりすることもあるんだって...知らなかった。

とりあえず、こんなお薬を処方していただきました。


c0096642_2338431.jpg

日本動物薬品株式会社 グリーンFゴールド顆粒 2g×3袋
観賞魚用 細菌性感染症治療薬です♪
エロモナス菌などによる細菌感染症の治療に用いられるお薬です。

って...あれ、今気づいたんですが、細菌用???
もし寄生虫だとしたら、細菌用って...効かないですよね...。
このへんはもうちょっと調べないといけないです。

まぁ、とりあえずこのお薬は総合的に使われるもののようで、
近くのホームセンターなんかでもよく見かける箱だし、
もともと原因不明の白点なので、とりあえずこのお薬で様子を見ます。

さて、いよいよお薬を使うのですが...ここで注意点。
このままザバーーって現在の水槽にいれてしまえば...
恐らく水草は溶け、せっかく増え始めた濾過バクテリアたちも絶滅、
苦労してここまでやってきた水槽の生態系のバランスが崩壊...ということになるでしょう。
お薬が効果がある、ということは =その他の生物にも影響がある ってこと。
私たちが抗生物質を飲んで風邪なんかを治す時に腸の善玉菌まで殺しちゃうのと同じです!
ということでトリートメントタンク設立です!!!


c0096642_23595373.jpg

トリートメントタンクとは、病気のお魚を薬浴させたり、買ってきたお魚を検疫・餌付け
するための水槽、だそうです
いつかは設立しなきゃ...と思ってたんですが、まさかこんな早く立ち上げるとは!!!

■我が家のトリートメントタンク■
 容器 6~8L虫かご(600円ぐらい)
 ヒーター (温度調節可能なほうがいいです!!)
 エアレーション (水草入れられないので、酸欠に注意、かな?)
 温度計 

まず、容器。
基本的にお魚さんのストレスにならないよう、10Lぐらいは欲しいところなんですが、
今回は6~8L入る虫かごを使いました。
大容量のバケツ使う方もいるようですが、
こっちのほうが観察しやすいし、ふたの使い勝手がいいです(^^♪
透明な蓋を半開きにして、そこからコードその他を伸ばします。

で、ヒーター。今度こそ温度調節が可能なやつ買いました♪
ただ、いつもの温度でいいということだったので、結局26度に設定してあります。
そして、エアレーションして、温度計つけて、
カンタンな投げ込み式ろ過器もあったほういいようですが、
どうせバクテリアは繁殖できないし、活性炭は薬を吸着するので使えない、ということで
薬浴の場合はあまりいらないみたいです。 物理濾過はしてくれるとおもいますが♪

トリートメントタンクの設備についても一応アドバイス受けてきたんですが、
こんな感じで大丈夫ですか...???

そしてお薬の濃度計算。
オトシンクルスは薬に弱いそうなので、規定量より薄めの80%ぐらいにすることに。
で、その計算&軽量なんですが...
規定量ではお水60Lに対して薬2g(1袋)
トリートメントタンクの容量は約6Lだから、規定量ではその1/10の0.2g
0.2gの80%は...0.16g
ということで0.16gのお薬を計ってトリートメントタンクに投入っ...!


c0096642_0203538.jpg

って、計れるかー(怒!!!
我が家にそんな量はかれる実験器具類はありません。
なので目分量で、半分にして半分にして...1/2、1/4、1/8、...まあこんぐらいだろうと
1/8になったお薬からさらに1/3ぐらい引いて...(イライラ)
さて、これで1/12ぐらいになったのか!?
もうだいぶ目分量ですが、これしか方法が思いつきませんでした...
ほかの皆さんはどうやって計量してるんでしょう...(泣

ようやく薬を計りとったところで、いよいよトリートメントタンク稼動です!
お水は水槽から1/2ほどサイフォンの原理でいただきました。
そこに、オトシンクルスのボーちゃんをそっと入れます。
で、足りない分のお水を水道水から1Lほど足すんですが...
この1L水道水にお薬を入れて、点滴のようにしてみました。


c0096642_015375.jpg

水質安定剤などの薬剤との併用不可、となっていたので、
カルキ抜きも使えないのかな???
薬使うときはちゃんとお水の汲み置きをしておいたほうがいいです。
そして、このトリートメントタンクに足す分の1Lほどの水道水に
先ほど必死で計量(?)したお薬を入れて、写真のようになりました。
これを水あわせのときのようにポタポタポタ...
もうほんとに点滴ですね(^^;  
いちおうこのお薬は一気にザーって入れても良かったみたいですが
やっぱり怖かったしどうせお水も足すってことで、このようにしてみました。

そんな感じで現在ボーちゃん薬浴2日目...


c0096642_0553894.jpg

角の曲面にいるので変な形に写っちゃってますが(^^;
お薬入れたショックで...なんて心配してたんですが、今のところは平気です。
ただ、白点が体の反対側の同じところにもできてるように見えるんです。
まさか内臓の病気???
体色も薄くなってきた気がします。 薬の色のせいかもしれませんが...心配です(>_<)
頑張ってお世話するから、元気になってね!

ちなみに本水槽でも鷹の爪による民間療法中♪
それについてはまた今度書きます(^^
[PR]
by awaawaaqua | 2006-11-06 01:03 | トリートメントタンク